Game with Perfect Equilibrium ~二律背反逆NTRゲーム~

Game with Perfect Equilibrium ~二律背反逆NTRゲーム~
Game with Perfect Equilibrium ~二律背反逆NTRゲーム~
サークル名:ぶたぶたべたべ

[ごあいさつ] ~by未希ちゃん~

やっほーい♪未希だよー♪
この作品に興味持ってくれてありがとー♪
ってなーんか君…前にどっかで会わなかった?っていうか君どっかで未希に負けてない?
もしかしてまた未希に負けに来たのー?
懲りないねぇ~♪そんなに未希に負かされたいんだ♪そんなに未希に負かされたいんだ♪
未希におちんぽふりふり降参したいんだ♪
いいよ♪未希勝つの大好きだから負かしてあげる♪
何度も♪何度も♪ちんちんすり減らして深海魚の視力並に弱くて要らないものへと退化させてあげるね♪
その代わり♪なっさけない負けっぷりで未希を楽しませて欲しいなー☆
さてさてじゃあノコノコちんちんふりふりしながら負けに来た君が今回一体どうなっちゃうか?今回のお話を賢い未希ちゃんが一言で要約してあげるね☆

「生徒会長の君が未希に負けて、付き合い始めた生徒会長副会長の彼女を裏切って、未希のものになっちゃうお話。」だよ♪

つまり逆NTRってやつに当てはまるのかな?
いやー彼女とイチャイチャラブラブチューチューズコバコバッタン大騒ぎできて幸せなのに彼女捨てて未希のものになっちゃうなんて欲が深いねー♪
そういう貪欲な姿勢、未希嫌いじゃないよ♪
むしろそれ、未希のために使ってくれるならだーい好き☆
それにしてもさーさっきの要約♪

確かに内容は伝わるかもしれないけど改善点があるって思わない?たとえば……。

「君が未希に負けて、付き合い始めた彼女を裏切って、未希のものになっちゃうお話。」

そうそう♪
最初の要約の「生徒会」って情報いらないって思うよねー?
なんなら未希ちゃんのことちょっと要領悪いおバカさんだと思っちゃう?
思っちゃったら君の負け♪
どうぞこの作品を買って負けてね♪
ん?っていうか負けたから買ってね♪かな?それとも未希が勝ったから買ってね♪の方がいいかな?
どうでもいいか♪とにかくイッセンたりともまっけないぞー☆
なーんてね♪えへっ☆許してっ♪

でねでね~話戻すね~♪未希も「生徒会」って条件要らないって思うんだー♪
特に君が生徒会長って箇所ほんとに要らない♪
蛇に足♪鬼に目薬♪虎にファンネル♪
だって君が生徒会長だからって君のこと狙うんじゃないんだもん♪
負ける君にはハナから何も望んでないの♪

でもねっ♪
一つだけ譲れないとこがあるの♪
わっかるかなー?わっかるよねー♪
会長じゃないとしたら…そう♪副会長♪
より正確にいうなら生徒会副会長にあらせられる方、
つまり君の彼女さんが未希にとって譲れない条件なの♪

へ?名前?とぼけてんのー?
彼女の名前忘れるとかひどくなーい?
しかもよりによってきりちん相手におとぼけかますとか、
自分に多額の生命保険でもかけてんのー?
あっ!そっか♪
きりちんって言うから分からなかった?
だったら霧ちゃんって言ったら分かるかな?
そう♪それが君の彼女の名前だよ♪
君がきりちんの彼氏ってことが未希にとって大事なの♪

なんでか気になる?気になりすぎて未希のぱいぱいもみもみしたくなるー?
ダメー♪おしえなーい♪
ついでにもみもみもさせなーい♪
だってこれを聞き始めた時点では君はまだきりちんのものだから♪
これ聞いて未希のものになったら一考してしんぜよう♪
だから未希と約束♪
未希のものになりたかったら是非この作品を聞いてね♪約束だよ♪

指きりげんまん♪
嘘ついたら♪
未希のいうこと全部のーます♪
指切った♪

ほいじゃ♪
作品紹介を務めさせていただきましたのは君のヒロイン♪
未希ちゃんでしたー♪
ばいばーい♪

[登場人物紹介]

未希
運動神経抜群、試験時間の4分の3を睡眠時間に費やして尚、全国模試の冊子掲載常連というハイスペックを有しながら、ノリのよい明るい性格と愛嬌から男女問わず学内で屈指の人気を誇る美少女。
と同時にさぼり遅刻常習犯のちょい問題児。

しかしそんなことは些細な問題で、その余りあるスペックゆえに彼女には悪癖がある。

それは『他人の一番を奪うこと』

スポーツや学問、趣味、恋愛……etcその人のアイデンティティの形成に大きく関与しているものであればなんでもよい。

とにかく彼女はそれを余裕で陵駕し、蹂躙し、自信を破砕し、先ほどまでその人の玉座に君臨していた個性たらしめていた宝石を路傍の石へと失墜させた挙句、空いた玉座に彼女自身を即位させ、忠実な駒へと変えてしまう。

そのことに至上の楽しみを見出している女の子。


通称きりちん。
霧様。
人に弱みを見せることが滅多にない、頭脳明晰、容姿端麗、品行方正の凛々しくクールな完全無欠の生徒会副会長。
そして今作の貴方の彼女(交際1ヶ月程度)未希とは大変親しい上に、未希の悪癖を知っている。
なぜ知っているか。
知った上でなぜ対等な関係を築けているのか。
ミステリアス万歳。

あなた
今作の未希ちゃんの被害者であり、一応生徒会長。
脚が好き。
今作は女性様の作品ですので、男についてこれ以上語ることはありません。

[各パート紹介]

【ep.0:Ready!】(約7分)
主なプレイ:特になし
未希ちゃんと霧ちゃん、二人の仲睦まじい様子に巻き込まれながら、今回の貴方の立場の把握に努めてください。

【ep.1:Regist Temptation】(約24分)
プレイ内容:誘惑、エア手コキ
暇つぶしもとい貴方の元に遊びにきた未希ちゃん。
気の向くまま気の済むまま貴方を弄びまくります。

【ep.1.5:Re:Turn】(約9分)
プレイ内容:特になし
ep1の直後のお話で霧ちゃんが帰ってきます。
出来心とはいえ未希ちゃんの誘惑に乗ってしまった過ちを守り抜くために未希ちゃんと結託する会話パートです。

【ep2:Re:Re:Verse】(約37分)
プレイ内容:生着替え 乳首 太ももコキ
なんやかんやで突如、生徒会室に乗り込み着替えを始める未希ちゃん。
着替えをしたりされたり、相も変わらず未希ちゃんのペースに呑まれて、未希ちゃんのおもちゃにされちちゃいます。

※ここではブラとスカートを用いる描写があります。
ブラに関してはなくても何ら問題ありません。
しかしスカートに関しては少々効果が高くなるような流れになってます。
ですがあくまでオプションの範疇で必須ではありません。
なくても問題ありません。

【ep3:Re:Re:Re:Write】(約28分)
プレイ内容:脚で色々
これまでの流れやこの作品の内容を考えると未希ちゃんとのプレイかと思われるかと思いますが違います。
では誰でしょうか?
想像つく答えは一つかと思いますが、なぜそうなるのか?
なぜこのタイミングなのか?
その流れを含めてお楽しみいただければと思います。

※靴下やストッキングなど女性が脚につけるものがあると捗ります。
もちろんなくても支障はないです。

【ep4:Girls ReforM】(導入:約4分、本編:約42分)
プレイ内容:???
未希ちゃんとカンタンなゲームをしてもらいます。
作中では目隠しと手枷をしてもらう流れとなっていますが、未希ちゃん曰く、

「目隠しとか手枷なんかなくてもこのゲームで未希が負けるなんて天文学的確率より微小だよ♪
さらに量子論的に言うなら人が壁に突っ込んですり抜けるくらいに起こり得ないことだからせいぜい本気だしてね♪」

とのことです。
その言葉通り、目隠しや手枷となるものを用意していただかなくても問題ありません。

【epilogue:ReStart!】(約8分)

【おまけ】(約40分)

[フレーバーテキスト]

各パートの情報や背景を補完する目的で各パート後の二人のやりとりや説明を載せておきます。
お暇でしたらお読みください。

【ep1&1.5】
未希「きりちんいないから生徒会室お邪魔しちゃった♪」
霧「いてもいなくても邪魔する癖に」
未希「いやいやー♪んなことないっすよー♪未希、空気読みまくりだからねー♪」
霧「たとえば?」
未希「たとえば?」
霧「たとえば何があったら、あなたは空気を読んで、慎ましく、しめやかに、上を向いて、涙を飲んで、尻尾を巻きつつすごすごと立ち去っていただけるのかしら?」
未希「そりゃ、生徒会室で霧様が一人、貪るように自涜に耽っていらっしゃいましたら、さすがの未希ちゃんも遠慮しちゃうよねー♪」
霧「空気の前に風紀が崩壊してるじゃない!」
未希「しかもそのおかずが未希となるとますます出るに出らんないよねー」
霧「あり得ない!」
未希「どっちが?」
霧「貴方で自慰すること!!」
未希「ほうほう♪っとなると、もう一方は認めるんですなー♪」
霧「はぁ!?なんでそうなるのよ!そっちは常識的にするはずないじゃない!常識で考えなさいよ!」
未希「常識で考えてたら光は説明できないよーっだ♪」
霧「話逸らすな」
未希「きりちんこそー!するの?生徒会室で?」
霧「し、し……しないわよ!」
未希「おやー?(ニヤニヤ)」
霧「(イライラ)」
未希「おやおやおやー♪(ニヤニヤ)」
霧「(イライラ)」
未希「ニヤニヤニヤニヤ~♪」
霧「(イライライライラ!!!)」
未希「どうでしょう霧様?だーいぶお溜りのようですしー♪一度ご自分を慰めてきてはいかがでしょうか?もちろんここではなく、生徒会室で♪」
霧「んーーーー!!!」

【ep2】
霧「おつかれ♪未希♪」
未希「おっ♪きりちん上機嫌♪どったのー?」
霧「殴らせて♪」
未希「おー♪イグアスもヴィクトリアもびっくりの落差だねー♪どうしたのさー♪」
霧「故意に面倒ごとを押し付けてきた張本人がそれ聞くなんて、いい度胸ね……。」
未希「なーんだそれかー♪未希に感謝してもらいたいくらいだけどねー」
霧「はあ?!」
未希「だって掃除は心をきれいにするって言うじゃん?ってことで心、綺麗になったっしょ?」
霧「たしかに………」
未希「でしょー?止水ってるっしょー?」
霧「ええ………。止めたのは私だけど……。確かにここまで純粋に………、明鏡の境地にて貴方を一発どつきたいと思えたのは……、未希、貴方のおかげよ。」
未希「礼には及びますまい♪」
霧「それじゃ遠慮なく♪」
未希「それはごめんこうむりますですなー♪」
霧「待ちなさい!」
未希「やなこった♪」
霧「まちな………ん?」
未希「?」
霧「貴方『それ』って言ったわよね?『なーんだそれか』って」
未希「言ったっけ?」
霧「言ったわよ」
未希「んでそれが?」
霧「ほかにも心当たりあるってことよね?」
未希「ノ从* ^ヮ^从 ………。」
霧「あるのね?」
未希「(*-p-)zzz」
霧「寝るな」
未希「☆~ノ从* >ヮ<从」 霧「あっ!?こら!待ちなさい!」 【ep3】 霧「見ーつけた♪」 未希「ありゃりゃ……。見つかっちった☆」 霧「なかなか間抜けね貴方」 未希「きりちん鋭すぎー」 霧「このことじゃないわ。」 未希「…と申しますと?」 霧「あの時、ずっとこんな風にこそこそしてたと考えるとこみ上げてくるものがあるわね♪」 未希「ここにきてやけに余裕ですなーきりちん♪まさかこれで未希に勝った気?」 霧「貴方の方こそ往生際が悪いわよ」 未希「それはどうかなー♪(ニヤニヤ)」 霧「言いたいことがあるならはっきり言いなさいよ」 未希「いやーなんにもー♪ただ、あるとするならー」 霧「?」 未希「言わないことが言ってることになるかにゃー♪」 霧「はぁ?」 未希「ふっふーん♪じゃあねー☆彡ノ从* >ヮ<从」 霧「あっ!?しまった!」 【ep4】 選択───。 人は選び続ける。 余儀なくされる。 ──どちらの足を出すべきか? ──どちらの手を出すべきか? ──どちらの道を行くべきか? 夙夜夢寐つきまとう。 嗚呼、逃れはしない。 そして今、突き付けられる選択一つ。 拳に握るは二つに一つ。 隷属と忠誠──。 どちらの鎖を取るべきか──。 自覚と覚悟のご用意を。 ここが、いわゆる正念場。 Game with Perfect Equilibrium ~二律背反逆NTRゲーム~ 【声優】 未希ちゃん:天知 遥 様 霧ちゃん:MOMOKA。様 【イラスト】 うらすけ 様 【効果音(一部)】 ディーブルスト 様(作品名「色んな効果音集100」) 【その他】 ぶたぶたべたべ

DLsiteで詳しく見る
Game with Perfect Equilibrium ~二律背反逆NTRゲーム~
FANZAで詳しく見る
タイトルとURLをコピーしました