ゴスロリの国の事件簿

作品紹介
■物語
舞台になったのは、ゴスロリの国(本国)から隔絶された無人島。
その島内にあるただ一つの村で事件は起きた。

通称、嘘つき村。
名前の由来は6年前の連続殺人事件による。
当時も刑務官3人、模範囚1人がいて、社会復帰の為の研修が行われていた。
しかし約束の期日になっても、刑務官から模範囚釈放の合否が、本国に伝えられない。
不審に思った本国は、この村に調査隊を派遣した。
そこで調査隊は、無残に殺された4人の死体(全員 他殺)を村内で発見する。

全員が他殺である事から、直ちに島にいる5人目の存在を疑い、島内を隅々まで調べた。
しかし調査隊の努力も実らず、ついには5人目の発見には至らなかった。

噂を聞き付けた本国の人々の間では、「4人全員が殺されているのに、5人目はいない?この話はおかしい。誰かが嘘を吐いているに違いない」と、囁かれるようになる。
それ以来ここは、嘘つき村と呼ばれるようになった。

そして、6年後。
ユリ達刑務官は、嘘つき村に来ていた。
模範囚のアリスを釈放すべきか、当時と同じように研修を行っていた。

しかし研修中に次々と起こる不可解な謎。
差出人不明の手紙。
そしてサクラの失踪。

嘘つき村伝説に詳しい、サクラ。
幾度となく罪を重ねてきた模範囚のアリス。
サクラ失踪後も、頑なにサクラ生存を訴える、キク。
非常事態にも関わらず、島の財宝話を持ち掛ける、ユリ。
刑務官も元は犯罪者の集まりと判明し、4人全員に疑いの目が向けられていく。

1人、また1人と人が消えてゆく。
嘘つき村伝説は6年の時を経て、再び幕を開けたのだ。

果たしてユリは、あなたは……この島で生き延びる事が出来るのか
■マルチエンディング搭載
エンディング数は、アリスメイド作品の中で最多。
全員が生存するルートが2、犯人以外の3人の女の子が死亡するルートが3。
犯人も含め、全員の女の子が死亡するルートが1。
計6のエンディング

■戦闘
ダメージを受けると立ち絵が変化

■イラスト、シーン
基本50枚、シーン数約50+α

■プレイ時間
8時間前後

■ゲームの快適化
移動速度の高速化、バックログ、戦闘高速化

■登場キャラクター
ユリ、キク、サクラの3人の刑務官と模範囚のアリス
他 雪だるま等

■注意事項
※エッチシーンには一部、マニアック・アブノーマルな内容を含んでおります。

ゴスロリの国の事件簿
ゴスロリの国の事件簿
サークル名:アリス☆メイド
販売日:2018年02月02日 0時
年齢指定:18禁
作品形式:同人ゲーム(ロールプレイング)
ファイル形式:アプリケーション
その他:音楽あり
ジャンル:百合 中出し 陵辱 触手 異種姦 巨乳/爆乳
ゴスロリの国の事件簿のサンプル1
ゴスロリの国の事件簿のサンプル2
ゴスロリの国の事件簿のサンプル3
ゴスロリの国の事件簿のサンプル4

DLsiteで詳しく見る ゴスロリの国の事件簿
ゴスロリの国の事件簿
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク