マグナムX Vol.16

コミックマグナムX Vol.16
著者:御手洗佑樹 / 瀬上大輔 / 鬼窪浩久 / じゃんぬだっく / 橋本 / 黒杉晋作 / 桃吹リオ(画)
出版社名:GOT
レーベル:GOTコミックス
販売日:2017年02月22日
シリーズ名:コミックマグナムX
年齢指定:18禁
作品形式:マンガ 雑誌/アンソロ
ファイル形式:専用ビューア
ページ数:117
ジャンル:母親 熟女 人妻 ギャル ビッチ 寝取られ 中出し パイズリ 陵辱 痴漢 調教 奴隷 輪姦 近親相姦 巨乳/爆乳 貧乳/微乳 処女 褐色/日焼け
ファイル容量:61.16MB
「マグナムX」人気電子コミック誌「コミック・マグナム」の公式ライバル誌・絶好調!!
ハードプレイ、極凌辱、フェチズム、禁断の関係など、極限のエロスを新たな作家陣で追求する激濃アダルトコミック誌「マグナムX」VOL.16!

表紙を飾るのは、肉感ムンムン絵師・桃吹リオによる金髪エロビッチ妻♪

巻頭コミックは、御手洗佑樹の大人気シリーズスピンオフ「いかにして母は女を解放したか Episode0(前編)」!!

さらに充実の人気作家陣!
瀬上大輔の新連載『奴隷娼鬼』では母を人質にとられた吸血鬼の姫が、その汚れなき肉体を弄ばれる!!
鬼窪浩久×滝れーきの過激長編「母と息子の姦美な調教講座」は新章突入!! 自撮りエロ動画配信にハマる母子に迫る罠とは!?
じゃんぬだっく「オカエシ村」では、村人の危機を救ったハンターに嬉しすぎるお返し攻撃が!!
橋本「痴漢依存症」では、新人OLが触られる快感にハマり!?
黒杉晋作「実の娘と援●交際(後編)」では黒ギャル娘の若いカラダに親父の煩悩が大爆発!!

激濃エロスがギュッと詰まった、新刺激「マグナムX」を味わい尽くせ!!

いかにして母は女を解放したか Episode 0(前編)/御手洗佑樹
蒸発してしまった夫の借金を返すため、怪しい若者・斉藤が社長を務める企業で働くことになった桐野。
しかし斉藤は研修と称し彼女に自分とのセックスを要求する…
息子の安全を盾にされ断れない状況に追い込まれた桐野に、斉藤は特製の「薬」を盛って…!?
御手洗佑樹の大人気淫母シリーズに、超濃厚スピンオフ登場!!

奴隷娼鬼/瀬上大輔
人間連合軍により敗戦に追い込まれた吸血鬼の王国。
その姫エリティカは人間軍に囚われ、邪な宴の慰みものにされようとしていた。
「一時間無抵抗で吸血衝動を抑えきれば、人質にした母を解放する」
つきつけられた条件を達成するため汚らわしい諸侯たちの陵辱に耐えるエリティカ。
だが理性とは裏腹に、性的刺激を与えられる度に彼女の吸血衝動は昂るばかり…
そして、その汚れなき身体が肉棒に貫かれた時…!?
可憐な吸血姫を下衆なオヤジどもが犯し抜く!
瀬上大輔のファンタジー陵辱連作スタート!!

母と息子の姦美な調教講座(10)/作画:鬼窪浩久 原作:滝れーき
自分たちの近親淫行動画を配信することにハマってしまった母子・優奈と優一。
動画の閲覧数・コメント数は増える一方で、「視られる快感」に病みつきになっていく二人。
そんな彼らも普段の生活ではごく普通の姿を周囲に見せていたが隣に住む地下秘密クラブの調教師・サヤカはその秘密に気づき…!?
鬼窪&滝コンビが贈る超過激調教シリーズ、新章突入!!

オカエシ村/じゃんぬだっく
「貰った物にはお返しをする」がしきたりの山村・オカエシ村。
そこに住むハンター・アフロは、ある日倒した獲物から魔物避けの「魔法の水着」を手に入れる。
何の気なしに村の奥さんたちに配ってみたところ、なんと実際に魔物の襲撃から彼女たちを守ってくれた!
「命のお返し」を受ける事になったアフロは村中の爆乳人妻たちとヤリまくれることに!?
ハイテンションエロの鬼才・じゃんぬだっくが描くボリュームボディ妻たちのお返し大攻撃♪

痴漢依存症/橋本
朝の通勤電車で痴漢してきた男に一目惚れしてしまった新人OL・こずえ。
触られる快感に悦びつつも、彼にアタックできない自分の臆病さに悩んでいた。
そんなある日、勤め先に赴任してきた久保田を紹介されるが…彼はなんとあの痴漢男!
しかし彼はそれ以来痴漢をしてこなくなってしまい、欲求不満に悶えるこずえは会社で自分から久保田に迫る!!
マグナムX初登場・橋本が描くOLの濡れ濡れ欲望♪

実の娘と援●交際(後編)/黒杉晋作
「最後までやらせてあげるから…」と自ら父の部屋を尋ねてきた朋。
初めて体を重ねた日以来、悶々としていた父は堪えられるはずもなく…
はじけるプリプリ巨乳でのパイズリ、激しく手マン、そしてついに本番…!!
火がついた父娘のカラダはもう止まらない!! 黒杉晋作の黒ギャル近親エロス待望の後編!!

FANZAで詳しく見る
DLsiteで詳しく見る
コミックマグナムX Vol.16
タイトルとURLをコピーしました